すべてのMRは、ここからはじまる。
特許出願中:特願2017-103294

 Mixed Realityを実現する
 Five Forのコアアーキテクト
『VRアーケードのスマートフォン』


「MR-BOX」は既存のVRコンテンツにおける
 課題を解決すべく、開発した独自のMR技術です。

独自の特徴
複数のカメラ切替が可能な
マルチアングル機能
表示されている合成結果を複数の視点に 切り替える事が可能。
ゲームを見ている観客は正面からの 映像からだけでなく複数の角度から ゲーム世界でプレイするプレイヤーを 見ることができる。
複数台のMR映像を可能にしたツインMR
合成結果を2系統に分離可能。 組成物を一度に作成し、 非通信スタンドアロンPCの それぞれのモニターへ 出力できる。
VRの欠点をカバーしたMR技術の実用化
実験できていても難しいといわれている実用化(耐久性、安定稼働)をクリア
世界最高出力による最高画質
現段階で60fps4k 少ない遅延で
MRできるのは当社のシステムだけ
AR、VRの両対応技術
当社MR-BOXの合成技術は
ARとしての利用も可能
放送技術とゲーム技術の融合
長年放送機器で映像を扱っているため
高画質、高品質
ヘッドマウントディスプレイに
依存しない基礎技術
空間把握ができる機能があれば、
どのヘッドマウントディスプレイでも可能
合成の外部化による多層合成と
合成の負荷軽減
最大6枚のレイヤーの合成を実現可能
写真撮影機能の標準実装
合成結果を即時プリントする機能の実装
  ※プリンターはオプション
  ※右は「サークルオブセイバーズ」のゲーム終了後の
    記念写真
グリーンバックスタジオ
Vチューバーの撮影にも最適化
搭載されている技術
現在この他多数技術開発中
こんな課題を抱えていませんか?
VR体験者以外には
その内容や面白さが
伝わらない。
VR は、非常に素晴らしい技術ですが体験者だけしか内容が わからないという課題があります。 これを改善するため、 VR の技術と放送技術を 組み合わせる事でMixedReality を 実現する機器『MR-BOX』を 作り出しました。              
VRコンテンツの導入を
してみたいが、
導入ハードルが高い。
VR コンテンツの導入には大変な苦労が伴います。 『MR-BOX』は優良コンテンツとアーケードオペレーションの 両方を搭載し、安全対策も 施しておりますので、 施設の大きさに合わせて 『MR-BOX』単体、または複数 導入することで"VR ゲームセンター" を簡単につくることができます。              
MR-BOXの事業領域
Amusement 娯楽
娯楽施設向けのアーケードVRプラットフォーム。 既存の娯楽施設にはない、まったく新しい形の施設を構築するためのシステム開発をします。
Inbound 訪日客
訪日客と海外展開に特化した観光施設向けコンテンツと ハードの提供。デジタル部分だけでなく、物理的なステージなどの手配、 対応マニュアルも含めて提供していきます。
Kids 子供向け
MR技術を生かし、子供たちが楽しめるようなハード及びコンテンツの開発、提供をしていきます。
Broadcast ブロードキャスト
動画を提供するビジネスユースに向け、低価格・高機能なバーチャル技術のサービスを提供していきます。
MR-BOX導入実績
VR PARK
渋谷
プラサカプコン
広島
プラサカプコン
大分
FunnyCafe
韓国・高揚

VR ZONE CUBE
韓国・一山
JOYPOLIS
梅田
VR Center
埼玉
7sensesVR
仙台
その他…
TV番組 テレビ朝日 バーチャルドキュメント「夢見るVR」
CM 台湾ファンタ・イベントCM 関口愛美出演 MR合成協力
MR-BOX対応コンテンツ募集中!
MR-BOXはUnityで制作されたコンテンツに対応しています

infomation

ご不明点やご要望などお気軽にお問合せください。
お電話でのお問い合わせは, 祝祭日を除く月~金10:30~19:30となります。
またメールでのお問い合わせは日本語、英語、韓国語、フランス語での対応が可能です。
03-6273-7095